SHI JIAN TEA

お茶を淹れる時、世界はシンプルに

私たちはお茶を淹れることが好きで、ゆっくりと淹れます。 お茶を淹れる時、世界はシンプルになり、茶葉と水で1杯のお茶になります。 天然の甘さ、嬉しい雰囲気。生活はまるでこの一杯のお茶のように、何も添加していません。原点に戻り、品質本来の価值を発揮し、美味しいお茶を入れるために頑張ります。人生が重要なことのために力を尽くすと信じているように、純粋な満足は幸福です。

お茶を淹れる時、世界はシンプルになり、1杯のお茶の交流は、言語を用いらなくても分かります。香りが漂い、笑顔の目をじっと見つめていると、見知らぬ心は柔らかくなります。私たちは隅々まで人々の物語を集めており、7回も淹れられるウーロン茶はいつも数多くの人々に注目されている。

お茶を淹れる時、世界はシンプルになり、このお茶を淹れるために、私たちは理想的な茶屋を造り上げました。幼い頃の自宅での製茶工場を思い出しました。焙煎された茶葉に魅力的な香りが漂う様子を見つめながら、口元を思わずやや上げました。この温かい雰囲気を取り込むために、茶屋は路地内に建てられ、1杯のリラックスできる台湾茶を提供することで、旅行者達の疲れを癒します。

聴いてみましょう。お茶の葉がポットの底に横たわって呼吸しています。各種のお茶には、それぞれ独自の周波数があり、速いものもあり、遅いものもあります。 いずれにせよ、茶屋内でのお茶は必ず健康的でなければなりません。私たちは毎日焙煎します。一番幸せなときに、あなたと共有し、あなたを幸せにします。

お茶を淹れる時、世界はシンプルになり、この1杯のお茶で人と人との距離を縮めます。この人は、チャットの好きな者とか、友人とか、または久しぶりの自分とか、いろいろな可能性があります。 お茶を閲歴の豊富な本と見なしてください。どんな方法で開いても、多くの楽しみをもたらすことができます。

お茶を淹れる時、あなたは来ました。 私たちの世界はシンプルです この一杯のお茶は、あなただけのために存在します。

シンプルな味、洗練された技

良さを分かち合う、Brewing & Sharing

十間茶屋は茶業五代目のFranco氏とブランドデザイナーのBrenda氏がコラボして作り上げたブランドで、シンプルな現代的美学とモダンかつエレガントさを兼ね備えた商品をプロデュースしており、通常とは一味違ったユニークな台湾高級茶をご提供いたしております。

台北市の忠孝東路四段553巷に所在しているコンセプトショップは、全店白一色とシンプルで目に余る装飾を省いたガラスハウスは、室内外の境界を減らして「つなげる」ことで、人々にストレスを与えさせない空間設計をとっており、店内ではお客様がリラックスしながら楽しい一時を享受することができます。

私たちは生活と仕事に浸り、友と交わりることも好み、常に満面の笑みと既成概念にとらわれない視野を心得ており、泡茶でお客様をもてなす際は、人一倍神経を使い、洗練された手さばきで、精度よくお茶の湯出しを行います。一連の茶芸は一見シンプルに思われますが、見た人には平凡さを感じさせません。

弊社で採用している茶師は、全員600時間以上の茶葉と茶道に関する厳格な教育訓練を受けており、正しい湯出し時間、伝統的な「繁複茶道」(台湾の茶芸)方式を心得ております。 1煎目は臭覚で芳香を堪能し、2煎目は味覚を楽しむ一連の茶芸を習得しており、お客様へもてなす一杯一杯のお茶に真心をこめて、台湾茶道の神髄を余すことなく体現しております。